Taichi Minagawa official web site

ギタリスト皆川太一のあれやこれや。

Profile

1982年3月29日生まれ。東京出身。

14歳でギターを始め、The Beatlesを始めとしたロックやJ-POPのコピーに没頭。
高校卒業後、音楽の道を志し東京ミュージック&メディアアーツ尚美(現・尚美ミュージックカレッジ)に入学。

卒業後、夢だった音楽留学に向けてジャズを勉強。

2003年、バークリー音楽院の奨学金オーディションに合格、同年9月に渡米。

在学中はジャズに限らず色々なジャンルのギタースタイルを研究すると同時に、ソングライティング科に在籍し、作曲とアレンジを学ぶ。
世界各国のミュージシャンとセッションを重ね、ライブやツアー、レコーディングにも多数参加。

2007年帰国後すぐに様々なミュージシャンとのライブやレコーディングを通してプロ活動を開始。
寺地美穂(sax)との共同リーダーで結成した“Urban Groove Session”ではファンクやR&Bをベースとしたオリジナル曲で構成され、好評を得る。

2013年〜山本玲子(Vib)TempusFugitのレギュラーギタリストとして、寺島レコードより【山本玲子TempusFugit】【Wilton’s Mood】の2作品をリリース。定期的にライブを行っている。

グラントグリーンの様なストレートでファンキーなスタンダードジャズスタイルから、アールクルーの様にガットギターを使ったスムースジャズスタイル、R&Bからファンク、ポップスやロック、ボサノバまで弾きこなす幅広いプレイスタイルが持ち味。ボーカリストの伴奏にも定評がある。

2013年〜アイ・ペアーズ株式会社の音楽制作担当として、様々なオリジナル楽曲、BGM、サウンドロゴ、効果音等の制作にも携わる。
公益社団法人日本綱引連盟公式テーマソング作曲、某大手SNSゲーム用オリジナル楽曲作曲等。

2016年3月23日、寺島レコードより初のリーダー作品
【皆川太一カルテット/MINOR MOOD】を発売。
同年7月にはアナログ盤もリリースされる等、好評を得ている。

4J5A3686-1    TaichiMinagawa2015

コメントを残す

必須欄は * がついています